現在の業務内容と、その中で一番楽しいこと

現在はインダストリ・ソリューションチームに所属し、システム開発と一部作業計画、進捗管理など管理業務にも携わっています。

プローバ向けツールでは、PC上でデータや設定の編集を行ったり、画像データと詳細情報を参照したり、装置ログの解析支援など多岐にわたる開発をしています。また、製造向けでは、装置の組み立て時の軸動作の調整や、制振調整のサポートなど、こちらも様々な開発を行っています。
この仕事では要望された機能の実現に加え、お客様が使いやすい操作性も考え、こちらからも提案していけることに魅力とやりがいを感じています。

入社当時はプログラミングも開発も未経験で不安が多かったのですが、先輩や上司の手厚いサポートもあり、一つずつ仕事を覚えていくことができました。現在、チーム内では中堅となり、後輩から相談を受けることもあります。今後もチームワークを大切に頑張っていきたいと思います。

  • 休日のすごし方
INTERVIEW TOP開発部第8グループ
11年目
嘉陽田 一輝
製造向け、プローバ向けの調整、測定、データ編集などをサポートするツールのシステム開発を行っています。

休日の過ごし方

長期休暇中には、海外旅行に出かけることが多いです。現在、強く興味を持っているのは、中央アジア、中東、コーカサス地方などのイスラム圏。青空に映えたモスクと、そこに描かれた幾何学模様に魅せられています。

特におすすめなのが、レバノンとウズベキスタンです。レバノンは20年程前まで内戦状態でしたが、現在は穏やかな生活を取り戻し、欧米文化とアラブ文化が共存している美しい街並みを見ることができます。
ウズベキスタンは、チャイハナと呼ばれるカフェのような場所があり、様々な人々が雑談したり、お茶を飲んだりしています。そこで流れるゆったりとした時間に心地よさを感じています。
ツアーではない、個人旅行なので、トラブルはつきものですが、思いっきり非日常を楽しんで気分転換しています。

写真はヨルダンのペトラ遺跡。

  • 仲間との共感